WordPress

JimdoとWordPressの違い あなたに合っているのは?Wix、EC-CUbe、ホームページビルダー

概要

CMSは、コンテンツマネジメントの略です

わかりやすく言えば「ホームページかんたん更新システム」です

CMSの代表格である、jimdoとWordPressを比較してみました

はじめに -CMS- とは

最近のホームページはCMSの導入はほぼ必須です。

予算が潤沢で、業者さんに外注して更新を任せてしまい、自分で直す必要が無いケースを除いて、ほぼCMSを導入し、自分で修正や更新をしていきます。

これは、特に私の指導の中では重要な要素を占めます。

考えてみてください。 10年前、5年前のあなたのビジネスの状態は、今とどのくらい違っていますか? 見た目には大きくは違っていなくても、あなたの中では明らかに違うはずです。

場合によっては大きく取り組みを変え始めているのではないでしょうか? なぜでしょうか? 10年、5年経っていれば、さまざまな状況変化が起こっています。

そして、ビジネスをしてれば、10年、5年経過していると、成長し、考え方や目標や観点、意識が向上しているはずだからです。 その成長に合わせて、伝えるメッセージも変わってきます。

そして、あなたの思いをあなた以上の情熱で伝えることができるのは、他の誰でもなく、あなただと信じています。 だから、自分で更新できるCMSをおすすめしています。

 

CMSの種類

CMSにはいくつかの種類があります。

WordPress ワードプレス

利用者数が多く、中上級者向け

【公式サイト】https://wordpress.com/

Jimdo ジンドゥー

かんたん、初心者向け

【公式サイト】https://jp.jimdo.com/

Wix ウィックス

デザインにこだわりたい人向け

【公式サイト】https://ja.wix.com/

EC-Cube イーシーキューブ

ショップの構築。中上級者向け

【公式サイト】https://www.ec-cube.net/

BASE ベース ベイス

初心者向けショップの構築 クレジットカード決済機能を使うだけでも使える

【公式サイト】https://thebase.in/

Ameba Ownd アメーバオウンド ブログサービスのAmebloのCMS お勧めしません。

【公式サイト】https://www.amebaownd.com/

CMSの利用グラフ

下記は、Googleトレンドを利用した、利用数比較のグラフです。

JimdoとWordPressを比較してみた

このCMSを選ぶに当たり、Jimdoにあっている人、WordPressにあっている人をまとめてみました

  Jimdo WordPress
難易度 かんたん 難しい
検索対策 1ページのみ 複数ページ可能
データの移行=将来性 ×
価格 無料 有料
  ・ 1テーマで1ページ作るような使い方 ・ スキルがない、サポートも見込めない ・どうしても無料がよい ・ ウェブにそれほど力を入れていない ・ 60・70歳・・・のシニアの方 ・将来的にウェブ、ホームページを積極的に使っていきたい。 ・検索対策には力を入れたい

 

JimdoとWordPressの違い

CMSを選択する上で、有力なのがJimdo(ジンドゥー)とWordPress(ワードプレス)です。 「CMSの導入はするけれど、いったい私にはどちらが合っているのか?」 こういう質問をよくいただきます。

ある程度のスキル・サポートがなければJimdoで!

比較表などがありますが、難易度としてあきらかに、Jimdoの方が簡単で、WordPressの方が難しいです。

WordPressの場合、ある程度のスキルがあるか、サポート体制がない場合は、 一人で進めていくのはなかなか難しいかもしれません。

未来を見据える、効果を望むならWordPress!

しかし、検索対策や効果の面、未来の可能性で言えば、WordPressの方が一歩リードしています。

もし、検索対策や効果、未来の可能性にフォーカスするのであれば、ある程度のスキルがなくても、私たちのようなサポートを依頼して、WordPressに挑戦するのも選択肢の一つです。 WordPressには様々な検索対策機能が搭載されています。

 

アクセス数が圧倒的に伸びるのはWordPress

また、記事をたくさん書くことでアクセス数を伸ばすことができます。1つ1つの記事が検索対策されていて、検索エンジンにヒットしやすくなっています。

Jimdoはブログと同じように、ブログ記事を書いてもそのブログの記事が検索にヒットする可能性はぐんと下がります。

記事の移行ができるのはWordPress

もう1つ大切なのが記事の移行です。 CMSだけでなく、さまざまなサービスにはその時々に応じて流行があります。

例えば、SNSでは、Mixiが流行っていて、その後Facebook、今はInstagram(インスタグラム)が(も)人気です。 CMSではWordPressの前には、Xoops(ズープス)やムーバブルタイプが主流でした。

流行が変わった時に、システムの引越し(記事やデータの移行)ができないのは、大きなデメリットです。 jimdoに関しては、ブログ記事を書いても、その記事が移行できない大きなデメリットがあります。

また、これまで書いていた記事を読み込むことができません。 記事やデータは、資産と考えてもらうと、その重要度が理解できるかもしれません。

まとめ

  Jimdo WordPress
難易度 かんたん 難しい
検索対策 1ページのみ 複数ページ可能
データの移行=将来性 ×
価格 無料 有料
  ・ 1テーマで1ページ作るような使い方 ・ スキルがない、サポートも見込めない ・どうしても無料がよい ・ ウェブにそれほど力を入れていない ・ 60・70歳・・・のシニアの方 ・将来的にウェブ、ホームページを積極的に使っていきたい。 ・検索対策には力を入れたい
どんな人がよい?これまでの例 ・ 自宅サロンを始めたばかり・ITスキルは中くらい ・ 割烹料理店 ・ 建設会社・更新はしない ・ 週1回ほどのカフェ ・ カイロプラクティック ・保育園 ・メガネ・補聴器ストアー ・仏壇、仏具屋さん ・ギフトショップ ・ 週2回のパン屋さん ・ カイロプラクティック

補足

さて、ホームページを構築するシステムについて説明しましたが、補足として、私が指導や支援する中でホームページは1つのメディアに過ぎません。

ホームページがなくても、検索にヒットさせて、電話や来店につなげるという裏ワザもあります。

大切なのは、あなたの未来のお客様に、あなたという最高のサービス・商品を提供できること。 それが地域や社会の、明るい未来につながれば、皆様からいただく相談事は、私にとってかけがえのない喜びです。

Facebookで記事がシェアされた際に、画像(og:image)を複数選択する方法。WordPressのプラグインを利用

こちらは2015年の記事です。

Facebookでシェアした際、画像は自動で表示されます。

imgogp
このように、Facebookの投稿欄にURLを入れると、複数の画像を選択できるマークを表示するようにします♪

通常、1枚の画像になることが多いのですが、それをページ内にある複数の画像を選ぶ方法をご紹介します。
もっとスマートな方法もありそうですが、プラグインだけで実現します。

WordPressからの自動投稿は、閲覧数が減る

その前に、WordPressだけでなく、TwitterやAmebloなど様々なサイトから、Facebookに自動でシェアしたり、連携して投稿することができます。

しかし、この自動投稿はあまりオススメできません。

jido
自動的に投稿されたものは、このような表示が入る

この方法では、リーチ数(投稿が届く範囲)が減ってしまうのです。
例でも、投稿に利用したサービス名が入り、しかも記事全文が入ってしまっています。

そこで、WordPressの記事をシェアした場合の画像と記事をコントロールしようというのが今回の記事の内容です。ついでにWordPresにおける、集客効果を最大にする投稿方法は以下の記事をご覧ください。


集客効果を最大化するWordPress の投稿方法
集客効果を最大化するWordPress の投稿方法

WordPressの記事をシェアした際の概要のコントロール

WordPressの機能を使ったFacebookへの自動投稿はオススメできないなら、どうすれば良いのか?
単純に記事のURLをコピー&ペーストして、投稿すればOKです。

ただし、表示される文章をコントロールするには、WordPressの定番プラグイン、 All in One SEOを利用します。詳細は以下の記事に詳しく載っています。

Facebookで記事がシェアされた際に、画像を複数選択する方法

それでは、本題です。上記の記事で、何度か出ているOGPという単語。
こちらの機能を利用して、シェアされた際の画像や文章などをコントロールしますが、複数の画像を選択する方法は、プラグインで実行できるものがなく、PHPのファイルを直接変更するなど意外にハードルが高いです。
そこで、検索して見つけたのが以下のサイト。こちらのサイトの中段にある、WP-OGP プラグインの改変版を利用すれば、簡単に複数画像の選択ができるようになる。
こちらの、サイトより、wp-ogp-multi-thumbnail-mod.zip  をクリックして、ダウンロードします。
jido2
ダウンロードが済んだらWordPressのダッシュボードにアクセスして、プラグインをインストールします。「プラグイン」→「新規追加」→「プラグインのアップロード」
続けて、ダウンロードしたzipファイルを選択して、アップロードします。
jido3
インストールが完了したら、WordPressのダッシュボードの、「設定」 → 「WP-OGP」をクリックします。
jido5
すると・・・2つのテキストボックスが表示されます。
以下のfb:appidとfb:adminsの2つを入れればOKです。
jido6

fb:adminsの取得

まずは、fb:adminsの取得です。下の、fb:adminsは、apps.facebook.com/what-is-my-user-id/をクリックすれば表示されます。
これで表示されない場合は、以下のサイトにアクセスします。
Get Token → Get Access Token を順にクリックします。
jido7
次に、User_about_me に、チェックがついているのを確認し、「Get Access Token」をクリックします。
jido8
「Submit」をクリックします。
jido9
すると・・・ID(赤線の部分)が表示されます。
こちらをコピーして、WordPressのWP-OGPに貼り付けます。
jido10

fb:appidを取得する

次に、fb:apppidの取得は以下から行います。
websiteをクリックします
jido11
適当な名前を入力し、「Create New Facebook App ID」をクリックします。
jido12
「カテゴリ」を適当に選択し、「Create App ID」をクリックします
jido13
すると・・・appIDが表示されます。
これをコピーして、WordPressのWP-OGPに貼り付けます。
jido14
これで、記事のURLをコピーして、Facebookの投稿欄に貼り付ければ、画像を複数選択できるようになります。
imgogp
複数の画像が選択できるマークが表示される

さらに、閲覧数を延ばすには・・・

実は、この方法より更に、閲覧数(リーチ数)を伸ばす方法があります。
そちらの、記事は以下にありますので、ご覧ください。