学習効果を高める3つの方法

学習効果を高める3つの方法

私のパソコン教室の生徒さんは、シニアの方々が中心です。

そんなシニアの方々でも、学習の効果を実際に高めた幾つかの方法があります。

まずはこの言葉、これは、オフィスシマザキの島崎先生のDVDから教えていただいた言葉です。

講師ではなく、孔子の言葉ですが、なにかを習得するのに、こんなにも的を射た言葉は無いのではないでしょうか。

何事にも楽しむのが一番ですね。

では、ここで言う「楽しむ」と「好き」の違いはなんでしょうか?

 

「楽しむ」と「好き」の違い

これは、恋愛を例にするとわかりやすいかもしれません。

相手のことが好きでも、苦しいことがありますね。

楽しめない状態と言えます。

パソコンやなにか習い事をしていて、やるのは好きなのだけれど、 学習自体を楽しめない場合、なかなか長く続けることはできません。

ぜひ、楽しみを見つけながら、学習してみてください。

 

積極的に関わる

学習を効果的に行うために以下のような調査報告が有ります。

ある授業を次の項目だけで行った場合の学習効率です。

聞くだけ  10%

見るだけ 15%

聞く&見る 20%

話し合う 40%

体験する 80%

 

この調査結果のように、講習など受講生になった場合、積極的に関わる、参加することでその学習効果は、聞くだけの8倍にものぼります。

 

ちなみに、これは加速学習と呼ばれる方法で、コリン・ローズが1983年に発表した学習効果を高める方法です。

 

だから、講座やセミナーなら一番前の座席に陣取り積極的に関わることが大切です。

しかし、体験するよりももっと効果的な方法があります。

実に90%近くを身に付ける方法・・・

わかりますか?

 

それは・・・

 

 

 

 

「教える」ということです。

 

習ったこと、聴いたことを、その日のうちに誰かに教えてみてください。

伝えるだけでも良いです。

 

これを行うだけで、授業で聞いた90%近くを身に付けることがでできるのです。

そして、

「これを楽しむ者に、勝ること無し」です。


待望の漫画で教えるWindows10対応!たくさがわ先生が教えるパソコン超入門[Windows10 エクセル ワード]




LINE@で ここだけの話を発信中

訪問先の企業で起こる事件を取り上げています。Facebookやインスタでは書けない㊙トーク ボタンをクリックして、友達追加してみてください

※ビジネスに役立つ情報も一緒にお届けします

✈私のfacebookにもぜひ友達申お待ちしています

友達はちょっと…という方はフォローも大歓迎です「コメント」お待ちしています✡

https://www.facebook.com/ttakusa

✿twitterもやっています

twitterやっているパソコンが苦手、だけどビジネスでITを活用したい方ぜひフォローしてください

✿LINEもtwitterもFacebookもやっていないけど方はこちらを用意しています。

[ 購読 ]↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


↓✿著書一覧をご所望でしたらAmazon、お近くの書店、コンビニに並んでいることがあります↓

あなたにオススメの関連記事

投稿日: 2015年10月21日takusagawa