Posted on

フライホイールとは?ファネルとの違いを検証

フライホイール(Flywheel)は、ファネルに変わるマーケティングの仕組みを説明した用語です。

ファネルは、逆三角形の▼をした形で説明され、日本語では「じょうご」や「漏斗(ろうと)」と呼ばれます。

 

その前に、事業活動や事業計画のことを考えるときに強力なキーワードにご注意ください。

その言葉だけで、理解したような気持になって物事の本質から外れてしまうことがあります。

DXをはじめシナジー、

 

ファネルとは?

 

正三角にもどしたり、くっつけたりしたモデルもあります。

フライホイールとは?

大手CRMである、Hubspotが採用した事業活動の型の1つです。

 

 

HubSpotが提唱するフライホイール

 

「弾み車を10回まわしたら、さらに10億回まわし続ける会社だ。10回まわしたら新しい弾み車で1からやり直し、それが10回転したらまた別の何かへとエネルギーを浪費する会社ではない」