SEO

韓国最大手検索エンジン NAVERに登録する方法・2017年度最新版

距離的には近くとも、文化の大きく違うお隣の国、韓国。

検索エンジンについても、多くの国と大きく違います。多くの国で利用される検索エンジンは、Googleが主です。 Googleに認識されることで、自国で無く、他国のGoogleでもヒットする可能性が高まります。 

しかし、韓国でもっとも利用されている検索エンジンはNAVER。 日本では、Naverまとめで有名ですが、検索エンジンとはシステムが異なります。

検索エンジンへは、ウェブマスターツールへ登録を行い、ヘッダーにコードを埋め込むのが一般的です。

登録方法を検索するも…

早速、Googleで「Naverへの登録方法」を検索しましたが、なかなかよい情報がみつからない。

こちらがトップに表示された2009年の情報。古すぎて、 Google検索の末期症状を感じさせます。

さらに、こんな残念な情報も。

検索結果に関するご意見→から申請する srcimg41 NAVERに登録(※現在受付していません。)

srcimg42

 

サイト登録ページ

ということで、登録方法を解説しました。2017年度の最新版です。

 
 
上記の画像をクリックし、로그인(ログイン)をクリックする
srcimg22
 
下部の[Sign up]をクリックする
すでにNAVERに登録している場合は、アカウント名とパスワードを入力し、[Sign in]をクリックする
srcimg23
 
サインアップする方法を選ぶ。Facebook、Line、または新たに登録する3つから選べる
srcimg24
 
ユーザーネーム、パス―ワード、ファーストネーム(名)、ラストネーム(姓)、生年月日、メールアドレス、携帯電話番号(メッセージを受信できるもの)を入力し、[Verify]をクリックする
srcimg25
 
携帯電話のショートメールに届いた、コードを入力し、[Confirm]をクリックする 
 srcimg26
 
最初のページに戻り、로그인(ログイン)をクリックする
srcimg22
 
[사이트 추가 +] (サイトを追加)をクリックする
 srcimg29
 
URLを入力し、확인(確認)をクリックする
srcimg27
 
 
HTML 파일 업로드(HTMLファイルをアップロード)か、HTML 태그(HTMLタグ)を選択する。
HTMLファイルをアップロードする場合は、FTPを使ってファイルをアップロードする。HTMLタグでは、すべてのページに、タグを挿入する。WordPressの場合、プラグインを挿入しコードを貼り付ける。
capture_01
 
ドラッグして、コピー
srcimg30
 

WordPressサイトにコードを埋め込む

WordPressサイトの管理画面(ダッシュボード)にアクセスし、[プラグイン] → [新規追加]を順にクリックする
srcimg31
 
Add code to head と入力し検索、[今すぐインストール]&[有効化]する
srcimg32
 
[設定] → [Add Code to Head]をクリックする
srcimg33
 
コードを貼り付けて、[変更を保存]をクリックする
srcimg34
 

 連動サイト/アプリ/チャンネルリストで、サイトを追加

NAVERのサイト追加ページに戻り、認証画面の文字を入力し、[확인](確認)をクリックする srcimg35  

 

追加したURLが表示される。URLをクリックする srcimg38  

サイトの状況を確認する 현황(現状)をクリックし、사이트 최적화(サイトの最適化)をクリックする srcimg39  

요청(リクエスト)をクリックし、웹 페이지 수집(Webページの収集)をクリックする URLを入力し、확인(確認)をクリックする srcimg40

✈一気に圏外?あなたのホームページが、検索エンジンからNGに。今すぐ知っておきたいモバイルファーストインデックスって何?

4678726809_d27e05458d_z

BtoC、つまりお客様に直接販売するビジネスでは、ホームページがモバイル対応であることはとても大切な要素です。

しかし、BtoB(企業 – 企業間)にとっても無視できない状況になることが発表されました。

ホームページの端末別の閲覧数は一般的なサイトでは以下の通りです。モバイル=スマホやタブレットでの閲覧数が多いことが分かります。

srcimg15

弊社のウェブサイトのタブレット率 53.7%

ご存知の方も多いかと思いますが、2015年4月21日より”スマホ対応できているか”を検索結果に反映することを発表されました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

これにより、スマートフォンで検索した際に、スマートフォン対応のホームページが上位に表示されるようになりました。

しかし、BtoBの企業間取引の場合、社内ではスマホよりもPCの利用率が高く、PCでの検索結果に影響がなかったため、モバイルに対応しようとする企業はほとんどなく、現状もモバイルに非対応ホームページが少なくありません。

モバイルファーストインデックス

小池百合子都知事が、都民ファーストをうたい当選したから?アスリートファーストでコスト削減できたから?という話はさておき、Googleも都民ファーストならぬ、モバイル ファースト インデックスの導入を決定しました。

つまり、これからはパソコンからの検索でも、モバイル対応していないホームページは検索順位を下げていく状況になっていきます。

正式な実施時期は決まっていませんが、実施がされればモバイルに対応していないホームページは、検索キーワードでのヒットは難しくなってきます。

※社名や店名では問題なくヒットするでしょう。同名の会社が多数ない限り。

ただし、「地域名+キーワード」では不利な状況になってくるのは間違いないでしょう。

今、多くのマーケッターやブロガーが、良質な記事を大量に作成しています。B to Bだからと、モバイル対応していないサイトは、自社サービスの関連キーワードなどでは、敵わなくなっていきます。

分析しよう、把握しよう

「スマートフォンに対応しています。」や「アクセスは●●あります。」と口だけで言われて、うのみにしてしまうのは危険かもしれません。

ホームページやITは分析性に優れているため、さまざまな調査が無料で行え、状況を確認することができます。

私自身もなるべく、主義や主張をせずに、お客様が客観的に評価できる方法を提供するよう努力しています。自身で納得できるからこそ、次の手やアイデアが溢れてくると信じているからです。

分析できないものは改善されない

ビジネスをしている場合、数字での現状把握は必須です。

前年度の売上、顧客数など。

学校でも、通信簿や偏差値、テストの点数が前回より良かったか、悪かったかを把握したうえで、弱点を克服したり、強みを強化したりしますね。

テストをしたあと点数がわからなかったら、改善のしようがありません。

無料で、5秒で、しかも匿名で調査できます

先生
ご安心ください。私が関わったホームページは、すべてモバイルフレンドリーとなっております。

そうでない方も、簡単に調査することが出来ます。

これまでGoogleが提供するモバイルフレンドリーテストがありましたが、今回の発表に伴いリニューアルされています。

以下のサイトでホームページのURLを入力すると、評価が表示されます。

Google Search Console モバイル フレンドリー テスト

合格しました

・・・と言って、私のサイトがNGだったらいやだなぁと思って、ドキドキしながらテストしてみました。

なんとか、合格をいただけました!

srcimg18

結論

これまでは、B to B はモバイル対応をする必要はありませんでした。

しかし、今後インターネットを活用し、販促やPRをしていく場合、はやめのモバイル対応が必要に名なっていきます。この情報は、Googleが実施前の情報ですので、万が一、モバイルフレンドリーで無ければ、早めに対応していきましょう。

検索エンジンでは、同等のコンテンツであれば、古いもの=早い者の方が有利に働きます。

お電話ください
アクセスする