創業セミナー・創業センターとは

日本各地で行われている、創業、起業を志す人に向けての講座です。各地の商工会議所、商工会や一般の起業、コワーキングスペースなどが主催し、内容も多岐にわたります。 特に、1990年代末のインターネットバブル期にベンチャー起業が流行し、1997年2月27日には、リクルートから、起業やフリーランスに向けた情報誌、「アントレ」が創刊された。 その数年後の2000年前後より、各地で創業セミナー、起業塾が開講している。 東京商工会連合会でも2000年度に創業支援セミナー、新規開業応援セミナーなどを開催してる。

近年の創業

FacebookなどのSNSやYouTube、アメブロなどのITを利用したコミュニケーションツールの発展にや働き方の多様化、不景気などにより、趣味を副業として、また事業として起業を考える人々が増えている。
それに伴い、創業セミナーから発展した、創業支援センターが各地に出来ている。
住んでいる地域名+創業センターで検索するとほぼヒットする。
創業支援セミナーでは、資金調達、経営理念と経営計画、助成金活用、決算書(B/S、P/L)の見方など基本的ではあるが、場合によっては個人で起業するフリーランスや副業とする人にとっては、難解で、ニーズとのズレが生じることがある。
そこで、創業センターでは、各個人の悩みや状況に応じ、アドバイスできる環境が整いつつある。

創業センターでも解決できない問題

創業センターでは、各相談員が常駐したり、各種セミナーを開催する。
しかし、例えば、どのようなパソコンを導入するべきか?自社にあったソフトウェは?ブログやFacebookの活用方法は?YouTubeの再生数を伸ばすには?メールマガジンの効果は?どのように測定、分析をすればよい?
と言った数々の疑問に即答できない。
今後こういった課題は徐々に解決していくことが期待される。
弊社では、パソコンの導入、ソフトウェアの選定、ウェブマーケティング、パソコンの不具合、メンテナンスなど総合的にアドバイスできるようになっております。

.

.

.

.

.

.